JAS認定費用 *2015年3月現在

申請するカテゴリーや初回か2年目以降の年次調査かによって料金が変わってきます。

認定手数料の額(初年度)
有機農産物
生産行程管理者
(個人)
有機農産物
生産行程管理者
(グループ)*4
有機農産物
生産行程管理者
(法人)
有機加工食品
生産行程管理者
小分け業者*5
輸入業者*5
認定
申請
費用
JASのみ申請 30,000円/1件 30,000円/1件 150,000円/1件 150,000円/1件
OCIAと
同時申請*1
20,000円/1件 20,000円/1件 100,000円/1件 100,000円/1件
書類審査費用 10,000円/1件 10,000円/1件 10,000円/1件 10,000円/1件
検査日当*2 10,000円/1日 10,000円/1日 10,000円/1日 10,000円/1日
5,000円/半日 5,000円/半日 5,000円/半日 5,000円/半日
移動日日当*2 5,000円/1日*2 5,000円/1日*2 5,000円/1日*2 5,000円/1日*2
報告書作成
費用*8
30,000円/1件 30,000円/1件 30,000円/1件 30,000円/1件
判定費用 20,000円/1件 20,000円/1件 20,000円/1件 20,000円/1件
その他経費
(旅費交通費、通信費)*2
実費 実費 実費 実費
合計
(移動費日当及びその他経費を除く。JAS申請のみの場合)*3
100,000円/1件 220,000円/1件
(5人の場合)
220,000円/1件 220,000円/1件
※消費税は別途お支払いいただきます。

調査手数料の額(2年目以降)
有機農産物
生産行程管理者
(個人)
有機農産物
生産行程管理者
(グループ)*4
有機農産物
生産行程管理者
(法人)
有機加工食品
生産行程管理者
小分け業者*5
輸入業者*5
調査
申請
費用
JASのみ申請 25,000円/1件 25,000円/1件 125,000円/1件 125,000円/1件
OCIAと
同時申請*1
15,000円/1件 15,000円/1件 75,000円/1件 75,000円/1件
書類審査費用 5,000円/1件 5,000円/1件 5,000円/1件 5,000円/1件
検査日当*2 10,000円/1日 10,000円/1日 10,000円/1日 10,000円/1日
5,000円/半日 5,000円/半日 5,000円/半日 5,000円/半日
移動日日当*2 5,000円/1日*2 5,000円/1日*2 5,000円/1日*2 5,000円/1日*2
報告書作成
費用*8
30,000円/1件 30,000円/1件 30,000円/1件 30,000円/1件
判定費用 20,000円/1件 20,000円/1件 20,000円/1件 20,000円/1件
その他経費
(旅費交通費、通信費)*2
実費 実費 実費 実費
合計
(移動費日当及びその他経費を除く。JAS申請のみの場合)*3
90,000円/1件 190,000円/1件
(5人の場合)
190,000円/1件 190,000円/1件
※消費税は別途お支払いいただきます。

*1:OCIA・NOP認定と同時申請の場合は、別途OCIA・NOP認定料金を申し受けます。

*2:検査日当、移動日日当、及びその他経費(旅費交通費、通信費)は以下のように規定します。
 検査日当・・・認定申請者が指定する倉庫や保管庫が複数ある場合、認定手数料(認定申請費用、書類審査費用、報告書作成費用、判定費用)は1件分とし、 主たる事業所とは別の日に検査等を行った場合は検査に要した日数1日ごとに検査日当を申し受けます。 日当の金額は上表中「検査日当」を適用します。また事業所が複数でも1日で検査が終われば、日当は1日分と計算します。なお、半日とするのは4時間以内です。
 移動日日当・・・検査員の居住地から検査対象事業者の所在地までが遠く、また早朝に開始する検査で前泊が必要となる等の場合には、交通費実費のほかに、移動日日当及び宿泊代の実費を請求するものとします。 また、外国での検査の場合も検査地に到着するまでの交通費、宿泊費、移動日日当を別途請求します。
 移動日日当の金額・・・5,000円/1日
 その他経費(旅費交通費、通信費)・・・旅費交通費は、検査員の自宅又は所属事務所を起点とすることを基本としますが、出先から検査地へ向かう場合は、申請者の了解を得て出先を起点とした実費の請求をすることを妨げません。 列車利用の場合は、特急指定席(寝台を含む)までとし、グリーン車の利用差額は請求の対象外とします。乗用車を利用する場合は、ガソリン代と高速料金の実費としますが、ガソリン代は1km30円で計算してもよいものとします。 タクシーの利用は、申請者の了解を得るものとします。航空機の利用は、申請者の了解を得て行います。航空機の席種は、エコノミークラスとし、ビジネスクラス以上の差額は請求の対象外とします。 船舶を利用する場合は、列車及び航空機利用に準じた席種とします。宿泊費(朝食を含んでも可)は1泊10,000円以内とし、それを超える差額は請求の対象外とします。これ以外の昼食、夕食は請求の対象外とします。 通信費は、1貨物あたり2,000円を超えるものに限り、送料を申請者へ実費を請求するものとします。

*3:合計は、JASのみの申請で、検査1日、移動日なし、として計算した場合の金額です。

*4:「生産行程管理者(グループ)」とは、人格のない社団(任意団体)であって構成員が5名以下のものを指し、 「生産行程管理者(法人)」とは、それ以外の法人(人格のない社団又は財団で代表者又は管理人の定めのあるものを含む)を指します。 認定申請費用のみ構成員の数によって計算し、他の費用についてはグループ全体で1件として計算します。

*5:小分け業者、輸入業者は、農林物資の種類の数にかかわらず、一事業者について、1件として計算します。

*6:日本人検査員による調査を希望する場合
  英語、日本語以外の言語での調査は、別途、通訳の手配を申請者負担で行うものとします。

*7:同一原料の取り扱いで、「小分け業者」と「加工食品の生産工程管理者」の認定を同時に申請する場合は、1件分の申請費用を申し受けます。また、「小分け業者」と「加工食品の生産工程管理者」の報告書が1本で作成が可能な場合は、1件分の報告書作成費用を申し受けることとします。

*8:外注の倉庫などが主となる事業所の遠方に存在し、別の検査員を派遣する必要がある場合は、その検査員が別途、報告書を作成することになるため、別途、臨時調査1件分の報告書作成費用(10,000円)を申し受けます。


◆認定費用に関するご注意
消費税は別途お支払いいただきます。
*同じ事業者が加工食品の生産行程管理者と小分け業者など複数の区分で認定申請する場合は、二つ目からの認定申請費用を40,000円とします。
*認定事項の変更などにより臨時調査については、別途料金の規定がございます。 「認定申請の手引き」にてご確認いただくか、または事務局にお問い合わせください。


1)適用範囲
上記手数料は国内の事業者と、日本人の検査員による検査を希望する外国事業者に適用します。 その他の外国事業者の場合は、下の「有機農産物の外国生産行程管理者、有機加工食品の外国生産行程管理者、外国小分け業者の認定手数料」に規定する料金を適用します。

2)認定区分と申請費用
加工食品の生産行程管理者と小分け業者など、同じ事業者が複数の区分で認定申請する場合は、2つめからの認定申請費用を40,000円とします。 書類審査費用、報告書作成、判定費用は認定区分ごとに請求するが、検査日当は1日で終了した場合は1日分のみの請求とします。



有機農産物の外国生産行程管理者、有機加工食品の外国生産行程管理者、外国小分け業者*1の認定手数料および年次調査手数料 (金額はアメリカドル)
OCIA Internationalを通して
申請された外国事業者
OFDCを通して申請された外国事業者
(中国)
左記以外の
外国事業者
JAS認定のみ 他のプログラム
と同時
認定申請費用*2 1,900$/1件 360$/1件 1,700$/1件 1,700$/1件
書類審査費用 100$/1件 100$/1件 100$/1件
検査日当 中南米 150$/1日
USA 450$/1日
カナダ(ケベック州を除く) 320$/1日
カナダ・ケベック州 550$/1日
その他 200$/1日
200$/1日 300$/1日
移動日日当 検査日当に含む 検査日当に
含む
注参照*3
報告書作成費用 中南米 275$/1件
ほかは検査日当に含む
325$/1件 300$/1件
判定費用 200$/1件 200$/1件 200$/1件
その他経費*4 実費 実費 実費
合計*5 2,750$/1件 1,210$/1件 2,525$/1件 2,600$/1件

*1:外国小分け業者は、農林物資の種類の数にかかわらず、一事業者について、1件として計算します。

*2:申請料が異なる理由は次のとおりです。OCIA InternationalやOFDCを通した申請者については、データベースや検査フォームを共有しているため、管理が格段に省略できることや検査の手配がNOPや中国の基準での検査と同時にできることから減額しています。

*3:提携関係にある認定機関の認定事業者以外の申請者からの申請の移動日日当は、国内の認定手数料の表注2の基準を準用します。

*4:その他経費については、国内の認定手数料の表注2の基準を準用するとともに、英語、日本語以外の言語による申請(提携関係にある認定機関の認定申請者は除く)については別途、翻訳料を請求します。

*5:合計は、検査1日、移動日なしとして計算した、その他経費を除く合計金額です。 OCIA International会員の合計は地域によって検査日当、報告書作成費用が異なるため、最も高額となるカナダ・ケベック州の場合を表記しています。

*6:同一原料の取扱いで、「小分け業者」と「加工食品の生産行程管理者」の認定を同時に申請する場合、1件分の認定費用にて申し受けます。


→JAS認定のトップへ戻る

→トップへ戻る