OCIA認定とは

OCIAインターナショナルでは、独自の基準に基づいたOCIA認定のほか、 アメリカの基準であるNOP(National Organic Program)認定、及びカナダ有機基準COR、スイスの有機基準Bio-Suissなど、複数の認定を行なっています。
 有機JAS認定は日本国内で「有機」と表示するための基準ですが、同様にアメリカ国内で「有機」(organic)と表示するためにはNOP認定を取得しなければなりません。OCIAでNOP認定を取得した場合、USDA(米国農務省)マークとOCIAマークを表示することができます。

OCIA認定申請の方法

OCIA、NOP認定の申請はOCIAジャパンが窓口となって受け付けています。 電話かメールでご連絡いただければ申請フォームをお送りします。こちらのページからダウンロードすることもできます。
申請書類は英文でご記入いただきます。
申請書類のご提出後、認定費用の請求をいたします(日本円にてOCIAジャパンの国内口座に振り込んでいただきます)。 それと同時に実地検査のために検査員を派遣します(検査員はすべて日本人です)。 実地検査ののち、検査員が報告書をまとめ、その報告書で判定を受けます。 判定はOCIAインターナショナルにて行なわれるため、OCIAジャパンは関与いたしませんが、ご質問などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
検査後から最短で2カ月ほどで認定がおり、認定書がOCIAジャパンの事務所に送られてきますので、各申請者にお送りいたします。

OCIA基準 (2013年3月現在)

*OCIA認定の取得を希望される方は必ずOCIA基準をご一読の上お手元に保管してください。

NOP基準

*NOP認定はアメリカ国内でオーガニックと表示するための基準です。
認定取得後は、製品にオーガニックと表示してアメリカにて販売することが可能です。

ヨーロッパに輸出するのであればEU verificationプログラムを申請、取得してください。

EU基準

いずれのプログラムも毎年、認定を更新することが必要となっています。


→OCIA認定のトップへ戻る

→トップへ戻る